学ぶ内容
LEARN CONTENTS

4年間の流れ
FOUR YEARS FLOW

  1. 1年次

    誠実な看護師の「基礎」をつくる重要な時期。
    人間理解教育と並行して、看護師の役割を学ぶ。

    1年次は、患者さんに安心感を与えられる誠実な看護師の基礎づくり。看護師の機能と役割はもちろん、人間理解や社会的存在としての自覚など幅広く学びます。初めて臨床現場に出る「基礎看護学実習I」では患者さんとのコミュニケーションを通じて、看護対象者の気持ちを考察します。

  2. 2年次

    1年次の学習を発展させ看護の専門領域へ。
    看護の知識と医学の基礎を学問として身につける。

    1年次に学んだことを発展させ、看護の専門領域について学習。3年次から始まる臨地実習に備え、6つの領域の看護学を学問として身につけます。さらに、科学的根拠に基づく「思考」、看護判断に欠かせない病態や治療に関する「医学知識」を身につけ、看護対象者を見極める能力を高めます。また、その知識をもとに看護実践につなげるための思考と方法についての臨地実習も行います。

  3. 3年次

    3年次後期から臨地実習がスタート。
    看護対象者の理解や対人関係能力を学び取る。
    人間理解教育と並行して、看護師の役割を学ぶ。

    前期には学内の実習室で実践的なシミュレーションを実施。看護対象者の年齢や健康状態などを細かく設定し、その方に合った支援の方法をチームで考察します。後期からは提携施設で全領域を体験する臨地実習がスタート。さまざまな健康障害を抱える看護対象者の理解や対人関係能力を学び取ります。

  4. 4年次

    関心や課題をより深めるための選択科目も。
    卒業前には集中的な国家試験対策を実施。

    3年次に引き続き、前期には臨地実習を実施。実習期間中は本学教員が実習先の指導者とともに万全の体制で学生をフォローします。後期からは国家試験の集中的な対策を講じるほか、関心や課題を深めるための選択科目を用意。看護管理論など専門教員から学ぶことができます。