カリキュラム
CURRICULUM

  1. 1年次

    基礎分野
    心理学
    生物学※
    化学※
    思考と表現※
    健康と運動の理論と実践※
    統計学
    人間と生き方(哲学)
    社会と家族
    芸術※
    教育の本質※
    英語Ⅰ・Ⅱ
    中国語Ⅰ・Ⅱ※
    韓国語Ⅰ・Ⅱ※
    専門基礎分野
    人体構造機能学Ⅰ・Ⅱ
    病態治療学Ⅰ(総論)
    生化学
    食生活と看護
    生涯教育論※
    専門科目(専門分野)
    看護学原論
    基礎看護学Ⅰ(概論)
    基礎看護学Ⅱ(コミュニケーション)
    基礎看護学Ⅲ-a(生活の援助技術)
    基礎看護学Ⅲ-b(生活の援助技術)
    成人看護学Ⅰ(概論)
    実習科目(専門分野)
    基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
  2. 2年次

    基礎分野
    言語情報リテラシー※
    人間関係論※
    人文教養特別講義Ⅰ(自然と文化①)※
    人文教養特別講義Ⅱ(自然と文化②)※
    法と人権※
    英語Ⅲ※
    英語Ⅳ※(哲学)
    専門基礎分野
    生命と倫理
    公衆衛生学
    薬理学Ⅰ(総論)
    薬理学Ⅱ(臨床薬理)
    感染と免疫
    病態心理学
    医療と経済※
    医療と人権※
    社会保障と福祉
    保健医療福祉行政論※★
    専門科目(専門分野)
    基礎看護学Ⅳ(フィジカルアセスメント)
    基礎看護学Ⅴ(問題解決技法)
    看護診断学Ⅰ
    地域看護学Ⅰ(概論)
    地域看護学Ⅱ(地域保健活動論)
    地域看護学Ⅲ(個人・家族・集団・組織の支援)
    在宅看護論Ⅰ(概論)
    公衆衛生看護学Ⅰ(公衆衛生看護活動展開論)※★
    成人看護学Ⅱ-a(急性期援助論)
    成人看護学Ⅱ-b(急性期援助論)
    成人看護学Ⅲ(慢性期援助論)
    老年看護学Ⅰ(概論)
    老年看護学Ⅱ(援助論)
    小児看護学Ⅰ(概論)
    小児看護学Ⅱ(援助論)
    母性看護学Ⅰ(概論)
    母性看護学Ⅱ-a(援助論)
    母性看護学Ⅱ-b(援助論)
    精神看護学Ⅰ(概論)
    精神看護学Ⅱ(援助論)
    実習科目(専門分野)
    成人看護学実習Ⅰ
  3. 3年次

    基礎分野
    英語Ⅴ※
    専門基礎分野
    疫学※☆
    カウンセリング論※☆
    専門科目(専門分野)
    在宅看護論Ⅱ(援助論)
    成人看護学Ⅳ-a(援助方法論)
    成人看護学Ⅳ-b(援助方法論)
    老年看護学Ⅲ(援助方法論)
    公衆衛生看護学
    Ⅱ(公衆衛生看護管理論)※★
    小児看護学Ⅲ(援助方法論)
    母性看護学Ⅲ(援助方法論)
    精神看護学Ⅲ(援助方法論)
    実習科目(専門分野)
    成人看護学実習Ⅱ
    老年看護学実習
    小児看護学実習
    母性看護学実習
    精神看護学実習
    公衆衛生看護学実習Ⅰ(個人・家族・集団・組織の支援実習)※★
    公衆衛生看護学実習Ⅱ(公衆衛生看護活動展開及び公衆衛生看護管理論実習)※★
    発展科目(専門分野)
    看護診断学Ⅱ
    リスクマネジメント
    地域保健福祉ネットワーク論※
    健康と科学※
    国際・災害看護※
  4. 4年次

    基礎分野
    英語Ⅵ※
    専門科目(専門分野)
    公衆衛生看護学特論★
    実習科目(専門分野)
    成人看護学実習Ⅱ
    老年看護学実習
    小児看護学実習
    母性看護学実習
    精神看護学実習
    公衆衛生看護学実習Ⅰ(個人・家族・集団・組織の支援実習)※★
    公衆衛生看護学実習Ⅱ(公衆衛生看護活動展開及び公衆衛生看護管理論実習)※★
    課題実習
    発展科目(専門分野)
    卒業研究
    看護管理論※
※選択科目:保健師国家試験受験資格を得るためには☆と★印のついた選択科目(7科目)を全て修得することが必要です。 ☆は看護師課程履修者でも選択することができる科目を表し、★は保健師課程履修者のみ選択することができます。