新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の対応について【令和2年5月7日版】

令和2年5月7日

 

関西看護医療大学

在学生の皆様

 

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の対応について【令和2年5月7日版】

 

 

皆さんお元気ですか、関西看護医療大学学務課です。

先日、連絡をしたとおり、今後の大学再開に向けた諸連絡を行いますので、下記内容を精読いただき、今後の進め方や大学の方針についてご確認ください。

 

 

1 大学休校期間の延長について

兵庫県下に発令されている非常事態宣言が5月31日まで延長されたことを受け、『大学は5月31日(日)まで休校措置を延長します。

6月1日(月)以降に講義の再開ができるかどうかにつきましては、多くの学生の皆様が懸念されていることと思いますが、以下の方針に基づき、6月1日から大学の再開を行うこととしていますので、安心して残りの休校期間を自宅で過ごしてください。

【大学再開の方針】

1)学生に自宅又は大学等で出来る限り安心して受講できる環境を整備するとともに、受講する場所について

も、学生側に選択が行えるようにします。(出席に関わる成績上の不利益な取り扱いは行いません)

2)少人数であっても長時間の密接となる講義形態は行わないよう配慮します。

3)本学教育(カリキュラム)の質の担保から、遠隔授業を行うにおいても90分講義を行うとともに、

授業科目については現時点で科目責任者が決定している講義回を維持します。

 

 

2 サテライト会場の設置について

先述の方針にありますとおり、どのような状況の学生の皆様にも安心して受講できる環境を用意するため、神戸市内(*JR元町駅付近にある『ラッセホール』を予定)に大学サテライト会場を設置します。ここでは、講義のライブ映像を、サテライト会場のスクリーンに映し出す形式で受講できるようにします。当然、自宅でもその映像を見ることができるようにしますので、淡路島外に在住の学生の皆様は、自宅又はサテライト会場のどちらでも、受講できるようになります。

淡路島内に在住の学生の皆様には、同様に自宅又は大学講義室で講義を受けられるようにします。ただし、大学やサテライト会場での受講環境は大学が整えていますが(*通信料は一切掛かりません)、自宅で受講する場合には、通信容量が無制限であること等が必要となります(*自宅での受講は通信容量が無制限でない限り通信料が掛かります)ので、各自で受信環境をよく確認しておいてください。

教員の講義場所につきましては、原則として大学とサテライト会場において交互に行いますので、必要に応じて教員への直接の相談や質問は各場所で応じることができるようにします。

また、サテライト会場の設置期間は、少なくとも6月、7月中はこの形式を維持することとして、8月に全学生の皆様に大学に登学いただいて講義を実施するかどうかの判断を7月中に行うこととしています。

なお、遠隔講義の受講に係る留意事項(受講に必要となるID・パスワードの発行)やサテライト会場へのアクセス等の詳細事項は、準備が整い次第おってキャンパスプランメール等で連絡することとします。

 

 

3 令和2年6月1日以降の時間割編成について

全学年の今後の時間割につきましては、5月22日(金)を目途に、全学生へキャンパスプランメール等を通じて配信しますので確認してください。

時間割の編成期間(講義を実施する期間)においては、全学年ともに6月1日(月)~8月28日(金)までの期間とする予定ですので、予めご了解をお願いします。

 

 

4 履修登録用紙の提出について(1年生から3年生まで)

令和2年5月15日(金)までを提出期限とします。

直接大学へ提出に来られる学生の皆様は、5月11日(月)以降に提出BOXを大学中央エントランスに設置します。

郵送の場合は、提出期限までに必着で下記宛に送付してください。(*特に郵送の場合は、登録用紙の折り曲げ厳禁です)

 

〒656-2131

兵庫県淡路市志筑1456-4

関西看護医療大学学務課教務係 あて

*なお、4年生の学生の皆様の履修登録は、現時点では行う必要はありません。

 

 

5 個人健康管理カードの提出について(1年生のみ)

令和2年6月1日以降に大学又はサテライト会場に来られた際にご提出いただくことで構いません。

令和2年6月1日以降の全ての講義を自宅で受講しようと予定される学生の皆様におかれては、6月12日(金)までに郵送で下記宛に送付してください。

〒656-2131

兵庫県淡路市志筑1456-4

関西看護医療大学学務課保健室 あて

 

 

6 希望学生に対する来年度以降の再聴講の許可について

この度の前期に配当する全ての科目においては、サテライト会場の設置等、出来る限り教育の質を落とさないよう大学としては配慮して開講することとしていますが、十分な教育環境での受講を望む学生の皆様においては、本対応において影響があったセメスター期間(現時点では令和2年度前期)について、履修規程第5条の規定に関わらず単位認定された科目であったとしても、次年度以降の開講時に希望すれば再聴講を認めることとします。(*あくまでも再聴講を認めるという意味ですので、履修すべき科目は今年度必ず履修登録のうえで修得しておいてください

しかし、本学の講義室定員数等を加味したとき、聴講希望する学生が多数となった科目への聴講保証は必ずしもできないことから、希望申請のあり方においては、事前に申請要領を全学生へ透明化したうえで、しかるべき時期(来年の2月頃を予定します)に実施することとします。

 

 

7 前期スクールバス料金のご返金について

4月以降休校が継続しており、また、今後サテライト会場の設置を予定しておりますことから、既に納入いただいております令和2年度前期分のスクールバス料金(95,000円)につきまして、一旦全額の返金を行わせていただきます。(従いましてサテライト会場設置期間につきましては、スクールバスの運行は行いません

後日、大学会計係より対象学生の保護者様宛に返金に係る手続き書類をご郵送させていただきますので、しばらくお待ちください。

状況によって前期期間中にスクールバスを使用しての大学への登学を再開する場合においては、月割にてスクールバス料金を納入いただくこととなりますので、予めご了承ください。

 

 

8 学納金に係る奨学金申請等の緊急対応の相談窓口について

この度の新型コロナウイルス感染拡大等の影響で、学生ご本人のアルバイト収入の減収や保護者様及びご関係者様に経済的な緊急を要する事態が発生し、主に学納金の納入についてのご相談がある場合につきましては、できるかぎりの柔軟な対応をさせていただく予定です。

あわせて奨学金の申請支援やご説明をさせていただくことも可能でございますので、ご遠慮なく下記担当あてご相談ください。

関西看護医療大学学務課学生係

TEL(0799)60-1200

 

 

 

その他、全般的なご質問等は、下記あてにご照会ください。

 

 

(全般的な問い合わせ窓口)

関西看護医療大学事務局学務課教務係

TEL(0799)60-1200