教員詳細 - 原田 美穂子

原田 美穂子

MIHOKO HARADA 看護学部看護学科 准教授

成人看護学Ⅱ-a・Ⅱ-b・Ⅳ-a・Ⅳ-b、老年看護学Ⅲ、老年看護学実習Ⅰ、看護過程論実習、成人看護学実習Ⅱ

学位
健康福祉学 博士
専門分野
成人看護学
研究課題
ボディイメージ、自己概念、ストレス、看護診断 
主要論文
「多次元的構成概念に基づく乳房切除術を受けた患者のボディイメージの検討」
「Concept Analysis of ""Body Image"" in Japanese Patients after Mastectomy.」
「淡路島の山間部で生活する百寿者・主介護者と地域の相互作用」
「看護師の行動規範と感情-歴史的考察との関連-」
「ターミナルケアにかかわる看護師のバーンアウトとSOCとの関係について」
所属学会
看護診断学会、NANDA-International、日本看護科学学会、日本乳がん研究会

看護を学ぶ在学生へのメッセージ

成人看護学では、人生で一番長く変化の著しい成人期の対象者への看護を学びます。座学の知識だけでなく、技術を身に付けていく必要があります。そのためには「なぜ、こうなるのか?」という疑問を持つことから、理解が進んでいくと考えています。成人看護学は学習量が多いですが、頑張ってください。

これから看護職を目指す人へのメッセージ

看護師という職業は、他者を気配りケアを行う職業です。自分の生活や健康管理が上手にできていることが、他者に援助を行うときに役に立ちます。看護師を目指そうと思っている方は、自分の生活・健康管理にも目を向けていただきたいと思います。

今後チャレンジしたいこと、大学で取り組みたいこと

看護診断過程は、誤った看護診断をつけないようにするために、何度も思考のプロセスを踏んでいきます。そのため、「難しい」と認識されていることが多いようですが、患者さんに適切な援助を行うために、一つひとつの事例を学生と一緒に考えていきたいと思います。