教員詳細 - 曽我部 美恵子

曽我部 美恵子

MIEKO SOKABE 看護学部看護学科 教授

母性看護学Ⅰ、母性看護学Ⅲ、母性看護学実習、看護研究の方法、卒業研究

学位
人間科学修士
専門分野
母性看護学、助産学
研究課題
女性の健康に関心があります。
研究概要
女性のライフサイクル全般にわたる性と生殖に関する健康問題とその支援策の探求、周産期に関する研究指導をしています。
研究中のテーマ
教育に費やす時間が多いので、個人研究に費やす時間をとるのが難しい状況のため、研究時間は共同研究になります。
主要論文
共同研究「異文化に柔軟に対応できる助産師育成を意図した国際助産師活動の実習報告」「尿失禁を体験した中高年女性の意識調査」(最近のものは、関西看護医療大学紀要に掲載されているものです。)
所属学会
日本助産師会、日本母性衛生学会、日本生命倫理学会、日本母性看護学会、女性心身医学学会、日本母乳保育学会
経歴
看護師関係:前橋赤十字高等看護学院
助産師関係:聖母助産婦学院
教育関係:日本看護協会看護研修学校教員養成課程
大学:立教大学(法学部法学科)
大学院:東洋英和女学院大学大学院(人間科学専攻)
勤務先:
看護師勤務:大田原赤十字病院、自治医科大学病院
助産師勤務:社会福祉法人聖母会聖母病院、医療法人社団賛育会野口医院
教育機関:自治医科大学病院附属看護学校、自治医科大学看護短期大学看護学科、自治医科大学看護短期大学看護学科専攻科、自治医科大学看護学部、国際医療福祉大学保健医療学部看護学科、国際医療福祉大学大学院保健医療学部助産学分野
2010~関西看護医療大学看護学部看護学科
2013~関西看護医療大学大学院看護学研究科

現場で一番大変だったことはどんなことでしたか?

看護師や助産師として勤務しながら忙しい日々を送っていたとき、自分がしている看護や助産に対して理想と現実とのギャップが葛藤となってきたときに、このまま仕事をしていって良いのかと悩んだ。自分の看護や助産の振り返りが必要かと考え看護研修学校に行き看護や教育を学んだ。 

現場で一番嬉しかったエピソードは?

臨床では、多くの出産する女性とかかわる機会をもち満足な出産ができるように、産婦やその家族のために支援ができたこと。助産師を目指す学生と一緒に助産学を学んだり、実習をし通して看護や助産の体験の意味づけをしたことなど。自分が教えた卒業生が社会で活躍していることは嬉しいこと。

看護を学ぶ在学生へのメッセージ

感性のアンテナを高く掲げて学んでいきましょう。自分自身で目標を持ち、自己成長しながら看護の道に進んでいきましょう。看護力をつけ責任をもって行動がとれるようになることを応援します。

これから看護職を目指す人へのメッセージ

自分が選択した将来の希望が看護師であれば、看護師の職業を広い視野から積み重ね、自立できる専門職となりキャリアアップをはかる。知的で、思いやりがあり、安心する看護師を目指そう。

看護職を一言で表すと?

生涯、自立して関わることができ、キャリアアップができる専門職

今後チャレンジしたいこと、大学で取り組みたいこと

模索中であるが、自分の今まで教育歴・臨床歴において、自分が大切にしてきたことを原点に戻って記述しておきたい。