教育理念・目的(大学院)

教育理念と目的

高度実践看護職養成コース【助産師国家資格取得コースを除く】

生命の尊厳を重視する倫理観に立って、効果的で質の高い看護援助を提供、指導できる高度先進医療の発展に不可欠な以下の能力を有する高度看護専門職を養成する。

  1. エビデンスに基づいたケアを実践できる能力
  2. エビデンスを分析しケアを変革していく能力
  3. ヘルスケアシステムを構築・改革していく能力
  4. 実践技術を研究・検証し、その領域の学問を深化・発展させる能力
  5. 国際的に活躍できるコミュニケーション能力

高度実践看護職養成コース【助産師国家資格取得コース】

  1. エビデンスに基づいたケアを実践できる能力
  2. エビデンスを分析しケアを変革していく能力
  3. ヘルスケアシステムを改革していく能力
  4. 実践技術を研究・検証し、助産技術を深化・発展させる能力

教育者・研究者コース

多様化する医療の中で、効果的な医療システムの構築の発展に寄与する学際的で革新的な研究者・教育者を要請する

看護学研究科の3分野

修士課程2年 入学定員7名
(うち、母性看護・助産学分野は3名)
看護学研究科の3分野

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

本学は、高度先進医療の発展に不可欠な高度看護専門職や質の高い看護援助を提供、指導できる看護実践者の養成を目指しています。また看護学のさらなる発展に寄与できる学際的な実践者、研究者、教育者の養成を目指しています。その成果を踏まえてわが国のみならず全ての社会の発展に貢献できる学生を本学は求めています。

教育方針(カリキュラムポリシー)

  1. 慢性疾患をもつ人々やその家族を支えるための高度な実践力とその分野における組織力、指導力、さらには研究能力をもつ人材の育成
  2. 地域に根差した看護サービスの組織・運営、社会資源の開発、生活習慣病予防および介護予防対策の開発、改革ができる人材の育成
  3. 女性とその家族を中心にしたケアをパートナーシップをもって提供できる自立した助産師の養成及び育成
  4. 複雑化、専門化する周産期医療のもとで多様化するニーズに対応できる高度な判断力と実践力をもつ助産師の育成
  5. 地域医療、保険、福祉に幅広く貢献できる人材の育成
  6. 国際化時代に対応できるグローバルリテラシー(コミュニケーション・情報分析等)をもつ人材の育成

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

2年以上在学し、各コースごとに本学が指定する卒業要件単位を修得した者で、以下の能力を有する者に対して「修士(看護学)」の学位を授与する。

  1. 人間を身体・心理・社会面から理論を基礎にして分析・考察出来る能力を持つ者
  2. 組織(政策も含む)の理論を基礎にして分析・考察し、組織の構築及び改善・改革出来る能力を持つ者及びこれらを通して看護の研究能力を持つ者
  3. 専門分野において、科学的根拠に基づく高度な実践能力を有し、実践していけると認められる者
  4. 国際化時代に対応できる豊かなコミュニケーション能力を有し、課題探求能力と語学力・情報処理能力等のグローバルリテラシーを備えた者