教育理念・目的(学部)

教育理念

生命に対する尊重の心を培った豊かな人間性を備え、看護学の基盤となる専門基礎知識を基に看護学の知識・技術・研究力を習得し、看護の専門家としてのアセスメント能力、判断能力、実践・評価能力、マネージメント能力などの看護の統合能力をもって地域社会や国際社会の保険・医療・福祉に貢献できる人材を育成する。

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

  1. 知的好奇心が旺盛で主体的に学ぶことのできる人
  2. 誠実な心で人と接することのできる人
  3. 看護師として活躍したいという意欲と熱意にあふれた人

教育方針(カリキュラムポリシー)

  1. 学生一人ひとりの個性を最大限に引出し、看護の資質である倫理性・公平性を有し、他と自分自身(己)を尊重できる人間性豊かな人材を育成する。
  2. 看護学の基盤となる保健・医療・福祉及びその政策などを多面的に把握できる人材を育成する。
  3. 看護学の専門的な知識・技術・研究能力とともに、問題解決のための科学的な思考である看護診断能力(アセスメント力、判断力、実践・評価力)及びマネージメント能力をもつ人材を育成する。
  4. 地域に密着した保健・福祉・医療の現場で、学習した看護学を統合して実践・評価し、新たな看護・医療の発展に寄与できる人材を育成する。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 豊かな人間性を有し、看護の資質である倫理性・公平性を備えた者
  2. 看護学の基盤となる知識を有し、看護のジェネラリストとして、看護学の全領域の専門能力を統合して実践・評価する能力及び研究する能力を備えた者
  3. 地域に密着した保健・福祉・医療の現場をはじめ、幅広い看護の世界で活躍できる能力を有するとともに、新たな看護・医療の発展に寄与できる能力を備えた者