教員一覧(学部)

江川 隆子

TAKAKO EGAWA 看護学部看護学科 学長

看護職は、人と人とをつなぎ・紡ぎ合い、互いに成長することのできる職業です。ですから、ナースMan、ナースWomanも高度なコミュニケーション力が必要不可欠です。そこで、文学を読み、美術や風景を鑑賞し、人と交流し、感じることを十分に体験していてください。看護や医療では身体や治療に関する難しい漢字を使いますし、測定のために基礎数学も必要ですので、漢字や文章力の検定、数学検定を受けていてほしいと思います。

看護学原論、看護診断学Ⅰ・Ⅱ、看護研究の方法、卒業研究

奥津 文子

AYAKO OKUTSU 学科長/教授

看護学は文系か理系か分類するのが難しい学問です。入試科目は文系よりでも、入学後活用するのは生物・物理・数学など理系の知識が多いのです。苦手意識を持たずに、理系科目も大事に学んでください。

基礎看護学Ⅰ、基礎看護学Ⅱ、基礎看護学Ⅲ、基礎看護学Ⅳ、 基礎看護学Ⅴ、卒業研究Ⅱ、基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ

小平 京子

KYOKO KODAIRA 看護学部看護学科 特任教授

人や自然に関心を持ち、小さな変化に気づける視点を磨いてください。

看護学原論、成人看護学Ⅳ、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ、看護研究の方法、卒業研究、老年看護学実習

山本 道雄

MICHIO YAMAMOTO 看護学部看護学科 特任教授

専門的なことは大学でしっかり叩き込まれます。そのため大学に入ると自分の好きなことを気ままに勉強することが難しくなります。だから高校生時代に自分の関心、趣味の根を見つけ、大事に育てて下さい。それらはいずれ芽吹いて開花し、看護師になっても皆さんを支える心の力になってきます。それらはまた患者さまとのコミュニケーションの手掛かりにもなるでしょう。

思考と表現、人間と生き方、生命と倫理、看護研究の方法

神谷 千鶴

CHIZURU KAMIYA 看護学部看護学科 教授

看護師国家試験は、ただ大学で学ぶ授業を覚えればよいわけではありません。問題を解くための文章読解能力やさまざまな計算、理科や社会といった一般的な基礎学習が必要になります。大学に入学する前までに、基本的な学力をつけておいてほしいと思います。

成人看護学Ⅰ・Ⅲ・成人看護学Ⅳa・b、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究 大学院:研究方法論、看護診断学、慢性看護学特論・演習・セミナー

下舞 紀美代

KIMIYO SHIMOMAI 看護学部看護学科 教授

「自分は看護師になれるかな」と思うかもしれませんが、私は人が好きな人であれば十分に資格ありだと思います。新しい自分探しに挑戦してみて下さい。高校生の頃、生物が好きだった人はヒトの体を理解するのに役立ちます。

看護学原論、成人看護学Ⅲ、老年看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、看護研究の方法、老年看護学実習Ⅰ、成人看護学実習Ⅰ

曽我部 美恵子

MIEKO SOKABE 看護学部看護学科 教授

自分が選択した将来の希望が看護師であれば、看護師の職業を広い視野から積み重ね、自立できる専門職となりキャリアアップをはかる。知的で、思いやりがあり、安心する看護師を目指そう。

母性看護学Ⅰ、母性看護学Ⅲ、母性看護学実習、看護研究の方法、卒業研究

笠岡 和子

KAZUKO KASAOKA 看護学部看護学科 教授

看護はとてもやりがいのある職業です。学習し続けることで人間として自分も成長することができます。さらに上の資格を取り、自分のキャリアも伸ばすことも可能です。

小児看護学Ⅲ、、看護診断学Ⅰ・Ⅱ、成人看護Ⅱ、成人看護学Ⅳ、リスクマネジメント、看護研究の方法、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、看護管理論、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ、老年看護学Ⅱ、老年看護学実習

大坪 みはる

MIHARU OTSUBO 看護学部看護学科 教授

看護はその時代の医療レベル、健康観、制度などを反映して発展します。生物、化学、物理、社会など役に立ちます。専門職の道は広がっていますので、チャレンジを続けてください。そして将来の姿をイメージして目標到達してください。

基礎看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲa・Ⅲb・Ⅳ、基礎看護学実習、リスクマネジメント、国際・災害看護、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、課題実習

伊木 智子

TOMOKO IKI 看護学部看護学科 教授

目標に向かって努力を続けることは決して無駄ではありません。少しずつ目標に近づいているはずです。今はまだ目標にはほど遠いかもしれません。でも明日にはもっと目標へと近づくためのパワーが、鍛えられているでしょう。努力は必ず報われます。

公衆衛生看護学Ⅱ、地域看護学Ⅰ・Ⅱ、保健医療福祉行政論、公衆衛生看護学特論、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、公衆衛生看護学実習Ⅱ

百田 芳春

YOSHIHARU MOMOTA 看護学部看護学科 教授

理系と文系の知識が必要になります。高校での生物や化学の知識は大学での学びでも、看護師になってからも重要なツールになります。しかし、それだけでは望まれる看護師にはなれません。高校で学ぶ歴史や地理、古典などの知識も、一般社会人として必ず役に立ちます。また、種々のサークル・クラブ活動の体験を通じて、他者への興味、共感、敬意、仲間意識などを培ってください。

人体構造機能学Ⅰ、人体構造機能学Ⅱ、病態治療学Ⅲ、感染と免疫

箕浦 洋子

YOUKO MINOURA 看護学部看護学科 教授

保健、医療、福祉にかかる看護師の役割は拡大しており、あらゆる場所で看護職が求められています。社会への貢献度は非常に高く、皆さんを元気に、笑顔にする素敵な職業です。大学での学習は、基礎的な学習と専門学習があります。大学での学習をスムーズに行うために、今行っている高校での基礎学習を大切にして下さい。

小児看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、看護研究

川口 哲郎

TETSURO KAWAGUCHI 看護学部看護学科 特任教授

「看護師になって、人のためになりたい、病気の人を助けたい」、その気持ちがあれば十分です。

病態治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

粟井 光代

MITSUYO AWAI 看護学部看護学科 特任教授

豊かな自然の中で、看護に関する幅広い知識と確かな技術を培ってみませんか。少人数できめ細かな、豊かな教育環境が本学にはあります。皆さんの夢を可能にする高い学びがあります。

人間関係論、人文教養特別講義Ⅰ、人文教養特別講義Ⅱ、看護研究の方法、慢性看護学セミナー

古川 秀敏

HIDETOSHI FURUKAWA 看護学部看護学科 准教授

看護をする上で感性は大切だと思います。サークル活動や趣味に没頭したり、人とのお付き合いなどを通して、感性を磨いてください。また、看護師は生涯、学習を続けることが必要です。知的好奇心を忘れずにさまざまなことに挑んでください。

保健統計学、地域看護学特論Ⅰ、地域看護学特論Ⅱ、地域看護学演習Ⅰ、地域看護学演習Ⅱ、地域看護学セミナー、地域看護学実習、看護学特別研究

小出水 寿英

TOSHIHIDE KOIZUMI 看護学部看護学科 准教授

高校生活で得られた知識と経験、かけがえのない人間関係は、必ず看護に役に立つと考えます。皆さんの夢に向かって頑張ってください。

精神看護学

西村 由実子

YUMIKO H.NISHIMURA 看護学部看護学科 准教授

がんばってください!

疫学、公衆衛生学、社会と家族、医療と人権、健康と科学、卒業研究

原田 美穂子

MIHOKO HARADA 看護学部看護学科 准教授

看護師という職業は、他者を気配りケアを行う職業です。自分の生活や健康管理が上手にできていることが、他者に援助を行うときに役に立ちます。看護師を目指そうと思っている方は、自分の生活・健康管理にも目を向けていただきたいと思います。

成人看護学Ⅱ・成人看護学Ⅳ、看護研究の方法、卒業研究 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ

尾筋 淑子

YOSHIKO OSUJI 看護学部看護学科 准教授

本学では、卒業時に看護師国家試験受験資格はもとより、選択制での保健師国家試験受験資格が得られます。さらに大学院では、助産師国家試験受験資格が得られます。現代社会では、今看護者に対する期待は非常に高くなってきています。ぜひ、本学で一緒に看護を学んでいきましょう。

母性看護学Ⅲ、卒業研究、母性看護学実習、助産診断技術学演習Ⅰ、助産診断技術学特論Ⅱ、助産診断技術学演習Ⅱ、助産診断技術学特論Ⅲ、助産診断技術学演習Ⅲ、母子保健行政論、助産学実習

前田 則子

NORIKO MAEDA 看護学部看護学科 講師

看護の道を目指される皆さんを、先輩看護者として歓迎いたします。医療の勉強だけでなく教養を身に付けることも大切だと思います。いろいろな人との出会いを楽しんだり、本を読んだり音楽を聴いたり、「今、ここでできること」を大切に感性を養ってください。

地域看護学Ⅲ、公衆衛生看護学Ⅰ、地域保健福祉ネットワーク論、公衆衛生看護学実習Ⅰ、地域看護学Ⅱ(オムニバス)、看護研究の方法、 卒業研究

神谷 映里

ERI KAMIYA 看護学部看護学科 講師

生物や化学、数学など入試科目は大切です。しかし、看護学を専攻すると国語、社会などを学習する機会がほとんどありません。看護の対象となる人と「お話し」をする時に、社会一般の知識はおおいにあなたを助けてくれます。苦手科目を作らないように頑張ってください。

母性看護学Ⅱ・Ⅲ、母性看護学実習、看護研究の方法

鈴木 幸平

KOHEI SUZUKI 看護学部看護学科 講師

大学ではさまざまな専門の授業が行われます。専門講義が始まってから苦労しないように、高校ではできるだけ苦手な分野を作らないようにしておくといいと思います。

英語I、II、 III、 IV、VI

犀川 由紀子

YUKIKO SAIKAWA 看護学部看護学科 講師

人間の身体と心に関心を持ち、人とのコミュニケーションを大切にしながら日々学んで欲しいと思います。生命の不思議を知る上で生物学は役に立ち、検査データを読むうえで元素記号などの化学が役に立つでしょう。

基礎看護学Ⅲ、基礎看護学Ⅳ 、 国際・災害看護

小笠原 百恵

MOMOE OGASAWARA 看護学部看護学科 講師

学生時代にはその時にしか学べないこと、楽しめないことがたくさんあります。勉強はもちろんのことですが、部活動や地域での活動などを通してさまざまな人との出会いも大切にしてください。

母性看護学Ⅱ・Ⅲ、母性看護学実習、看護研究の方法、卒業研究

高見 栄喜

HIDENOBU TAKAMI 看護学部看護学科 助教

看護師や保健師の仕事は、これからの日本社会に不可欠で、人から感謝されるやりがいのある仕事だと思います。ぜひ自然豊かな淡路島で、共に学び成長しましょう!

統計学、情報処理、健康と運動の理論と実践、卒業研究Ⅰ・Ⅱ

太田 智美

TOMOMI OTA 看護学部看護学科 助教

看護職は、患者さん等の対象者のみならず、看護職間のチームワーク、他職種との連携や調整能力も必要とされる仕事です。知識や技術が全てではありません。国内・国外のさまざまな文化や人、生活、価値観にたくさん触れるといいと思います。

基礎看護学

花村 カテリーナ

KATERYNA HANAMURA 看護学部看護学科 助教

心理学、病態心理学、カウンセリング論

井上 寛子

HIROKO INOUE 看護学部看護学科 助教

看護師の活躍の場は、病院だけでなく在宅・施設・学校など多岐にわたり、とても有用な資格だと思います。一緒に学んでいきましょう!!

小児看護学Ⅲ、小児看護学実習、卒業研究

永峰 啓子

KEIKO NAGAMINE 看護学部看護学科 助教

文系・理系を問わず基礎学力をしっかりとつけておくことが大切だと思います。コミュニケーション能力が大切な職業ですが、 体力や精神力も必要ですので心身ともに健康第一が必須だと思います。

母性看護学Ⅲ、 卒業研究、母性看護学実習

池尻 都

MIYAKO IKEJIRI 看護学部看護学科 助教

看護師や保健師、助産師という職業は患者さまへの対応や価値観など、答えのない問題も多く、「考える力」がとても必要な職業だと思います。勉学だけでなく、部活や社会活動を通して多くの人に触れ、「考える力」を身に付けてください。

小児看護学Ⅲ、小児看護学実習、卒業研究

森花 美和子

MIWAKO MORIHANA 看護学部看護学科 助手

看護に携わる仕事は、さまざまな人の考えや価値観、感性に触れながら、看護職としても、人としても、人間性を磨いていくことができる素敵な職業です。対象者の思いや状態を捉え、対象者にとってより良い看護とは何かを考え、その人らしく生きていけるよう支えていく看護のなかには、いつも新たな気づきや学びがあります。看護への道は失敗や困難もありますが、努力したことはきっと自分の強みに変わり、充実した学生生活を送ることができると思います。本学は教員と学生のコミュニケーションが活発で、質問しやすい環境です。ぜひ一緒に切磋琢磨しましょう。

地域・在宅看護学、公衆衛生看護学、卒業研究

上長 恵里

ERI KAMINAGA 看護学部看護学科 助手

どんなことでもいいと思うので、何かに挑戦したり一生懸命やってみることをお勧めしたいです。そこから学んだことや、ともに苦労した仲間はこれからの人生の宝物になると思います。今しかできないチャレンジをたくさんしてください。

成人看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、看護研究、老年看護学Ⅲ、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ、老年看護学実習

前村 優美

YUMI MAEMURA 看護学部看護学科 助手

文系・理系まんべんなく勉強しなければならず大変かもしれませんが、看護師の資格があれば病院だけにとどまらず多方面で活躍することができます。また、保健師資格も取得できるので、市役所や企業、学校で働くことも可能です。一緒に頑張りましょう。

成人看護学、老年看護学

椋本 美帆

MIHO MUKUMOTO 看護学部看護学科 助手

苦手な教科があるのは当然です。そんな時でも、一生懸命に取り組む姿勢が大切だと思います。「看護の仕事がしたい」と初めて思った時の気持ちを大切に、受験や勉強などさまざまなハードルを乗り越えてください。そして、看護の面白さをぜひ共有しましょう。

成人看護学、老年看護学、卒業研究